車買取には事故車を出してもそう高い値がつくわけないからとあきらめている方もいるのではないでしょうか?これは大間違いです。実は私たちが思っている事故を起こしたことがある車と車買取業者がいう事故車とは違うからです。

私たちが思っている事故車とは事故をしたことがある車ですよね。これは一般的にそう認識されていると思います。しかし、車買取業者がいう事故車とは事故を起こして車の骨組みであるフレームが曲がって修理をしたことがある車なのです。

このことから、私たちが思っている、いわゆる事故を起こしたことがある車でも買取業者には事故車として認識されることはありません。しかも修理歴については自己申告の義務はありませんから、事故を起こしたことがある車でも無事故車として高額な買取金額がつく場合もあるのです。

逆に気を付けないといけないのが、車を買う時です。車販売店の事故車は扱っていませんという看板は事故でフレームが曲がって修理したことがある車は扱っていませんという意味になります。