車買取の査定は車を改造していたり、社外パーツを付けていたりしたら下がるのでしょうか?今まで一般的に言われていたのが純正じゃないと車は高く売れないでした。それが最近変化してきたようです。

どのように変化したのかというと、純正の車を高く売るならディーラー系の業者、社外パーツや改造している車を売るなら一般の車買取業者の方が買取金額が高いというのが今までの通説でした。

しかし、最近ではディーラー系の業者で社外パーツが付いている車でも高額で買取りをしてくれることがあるようです。なぜこのように変化してきたかというと、一般消費者の趣味嗜好の変化に対応しているためです。

最近では社外のオーディオが付いているほうがいいとか社外のナビがいいなどという人が増えているようです。そういった人達を取り込むために間口を広くしたのですね。

そういったことから近年はディーラー系の業者と一般の車買取業者の境目がなくなって来ているのかもしれません。時代はどんどん変わっていくものですね。